top of page

毎週おひとつ音楽会、第百五十三回目

夜中、小さめな机の上で描き描きしてたら、な、なにか聞こえる…人の声…?しかも唸ってるような…ぼそぼそっと喋ってるような…こっこれはもしかして…ゆっゆゆゆ幽霊的な…!!



私でした。



描き描きして揺れてる机。

これの音です。

ギシギシっぽい音。


描き描き揺れすぎやろ!!!!!!!!




お待たせいたしました、土曜音楽会ブログです!




月1で変わるアートワーク――。

引き続きかぶとや様ご制作の4月アートワーク、音と鍵の幻想ダンジョンでございます!




それでは土曜音楽会、第百五十三回目の曲は

引き続き、サウンドクラウド・ReverbNationにて2ループバージョン/フルバージョンございます。









今回の曲は、「Little Strange Appeared」でした。

日本語タイトルは「フシギ出現」です。









いかがでしたか?







楽曲制作のためにお題を提供してくださる―今のところ劉 恵専属「お題提供者」からのお題で曲を作るお題シリーズ…の自分でお題を作るバージョン、名付けて

セルフお題シリーズ!



不思議でかわいいBGMを作りました!

お題:参考曲みたいなかわいい系のバトルBGM


以下の参考曲から、イベントバトル時のBGMという形でイメージしている曲ですが、参考曲とは打って変わって最初からかわいい系のイントロにしています。

参考音源:フェアリーバトル(FINAL FANTASYⅨより)


参考曲を思い出している時「かわいい」だけのイメージで作り出したのですが、よくよく考えるとそれ以外に「不思議」な感じもあるなぁと感じたので参考にしました。楽曲制作後、改めて参考曲を調べると「ワルツ風の曲調に」と評されており、あっ。




曲のURL。
















♬アートワーク制作イメージのお話。

楽しみにしていただいた方々、お待たせいたしましたお陰様で恒例となっておりますアートワーク制作のお話です!

アートワーク制作のお話とは、私めの為に作っていただいたアートワーク画像の制作者様に伺った所謂ここだけの話!


今日は解説のお話。


かぶたにえんにアートワークを制作頂いている途中、今回テーマ中にある「鍵」の要素のご解釈をお尋ねしました。するとかぶたにえんにはご回答と共に大人でも読める絵本のような、ファンタジックなRPGゲームのような解説を下さりました。


それでは原文ママにご紹介♪


――球体の中にいる少女は何者なのか、しかし彼女は水晶を見つめる誰かにとっての鍵となる人物であるため映し出されているのです。彼女を助けるにはダンジョンの奥深くに行かねばなりません。


また音楽のテーマについてです。音楽はある意味当たり前に存在し、作られています。その音楽が透明なガラスのようなものに覆われています。この世界で音楽が封印されたのかもしれません。それもまた、水晶を見つめる人物が救いに行くことになるのではないでしょうか。


今回で土曜音楽祭は一旦締めとなりますが、これは終わりではなく私にとっても劉恵さまにとっても「新しい旅立ち」「始まり」になるようにと思い制作致しました。



その素晴らしさ全てに感動しました。最後の文章で感動のあまり、一瞬言葉を失いました。

音楽のテーマについてのご解釈にも、音楽にこだわる者としてはぐっと来るものがありました。

更に土曜音楽会についても触れて下さりました。時に独りよがりに感じる事があるこの企画を考える私めにとって、かぶたにえんのお想いが優しくしっかりと感じられた気がして凄く有り難いです!

これはご紹介しなければ!と強く思いました♪


アートワーク制作者様、どこまでもお優しい。

本当にいつもありがとうございます!




来週も♪土曜日♪22時予定の音楽会!


何卒よろしくお願いします。






0件のコメント

Bình luận


bottom of page